人材・組織マネジメント

DX(デジタルトランスフォーメーション)推進 xトヨタ流のマネジメント

『トヨタ流の教科書 』の著者、高木 徹が開発

はじめに

経済産業省が2018年12月に「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)」を発表しました。これは企業・組織の変革を迫る、強いメッセージとなります。そして、 企業・組織の変革のためには、単にツールなど、手段の導入をするだけでは失敗します。マネジメントが重要な役目を担うのです。

もっと見る +

ところで、米ナイキ、米スターバックス、米ボーイング、米ハーレーダビッドソン、米コカ・コーラなど、 世界で成長を続けている企業がリーン(Lean)を取り入れているのをご存知ですか?
リーンとは「ぜい肉のない」という意味で、リーン経営にはムダのない企業体質という意味が込められていますが、その基になっているのは、トヨタ生産方式(TPS:Toyota Production System)なのです。
このトヨタ生産方式は、もともと製造業の現場の改善手法となりますが、世界では、リーン経営があらゆるホワイトカラー(医療、金融、公共、自治体、ソフトウェア)にトヨタ発祥のマネジメントとして、進化を遂げています。

Woven Work Designは、組織開発で数々の実績を出し続けた第一人者の高木徹がLean(リーン)やU理論、ドラッカーなど様々な海外のマネジメント理論を調査しトヨタ流のマネジメントをベースに新たに創造した日本発の最新のマネジメント理論と実践的な研修を含む組織改革プログラムです。

日本とは異なる海外(欧米)の文脈で作られた「借り物」の経営システム・モデルをどう使うかを考えるのではなく日本の文脈にあった、多くの日本企業に役立つ独自のマネジメントシステム・モデルを経験と知識から生み出し、さらにその効果を学術的に実証し、国内外に普及する。

ことを目的としています。

profileCEOプロフィール

代表(CEO) 高木 徹合同会社 アイティ・マネジメント研究所 代表(CEO) 高木 徹

Woven Work Designは、20年の間、改善から
マネジメントへ、日本のみならず世界規模で
研究し続けてきた結果、新たに生まれました。

私は20年前に富士通株式会社でトヨタの方の指導を受けてTPS(トヨタ生産方式)をソフトウェアの開発現場に適用しようとしましたが、今のように活性化する職場を多く開発できませんでした。その理由を研究するために、2009年に(株)豊田マネージメント研究所に移り、マネジメントという視点で研究をはじめました。トヨタ自動車の社員がやっている方法論を単に真似してもうまくいかない。しかし、トヨタには、人の教育の仕方(OJT)、思想・哲学など文化があるという違いがわかったので、それを科学的、普遍的な考え方やソフトウェアの世界で新たに出てきたアジャイル開発なども参考にしてTMS(Toyota way Management System)として理論体系化してきました。
この5年間は、職場レベルでの活性化から組織全体の活性化をテーマに実践してきましたが、今後はDX(デジタルトランスフォーメーション)の時代に高い価値を提供できる人材と組織に変えるコンセプトとして新たにWoven Work Designをデザインしました。

経歴

  • 富士通のメインフレーム(OSIV/F4 MSP)の自動運転機能の開発・保守を担当後、ダウンサイジングの波に乗りリーンスタートアップ的にUNIX上で次世代運用管理製品の企画・設計・開発を行う
  • フィールドでJavaのアーキテクトとして活動しつつ組織変革に興味を持ち、経営企画・人材開発・営業職を経験しTPSと出会うこととなる
  • 2006年  トヨタ自動車e-TOYOTA部に出向(基幹職)し、アジャイルを実践してプロジェクトの生産性を向上させた
  • 2007年 富士通株式会社 生産革新本部 TPS推進担当部長
  • 2008年  自律改善推進室プロジェクト部長
  • 2009年10月  豊田マネージメント研究所副社長。TMS&TPS検定協会 副理事長 TMS検定策定委員
  • 米国の飛行機メーカー、韓国、中国などの企業への指導と日本的経営を中心にした生産性向上の理論であるトヨタ流のマネジメントを普及する活動を行っている
  • 日本では、大手ITベンダーや中小企業まで多くの会社での指導経験を持つ
  • 富士通株式会社とTMS3級認定プログラムの講師としての指導者数は1300人を超える

担当分野

  • 幹部社員・リーダーへのトヨタ流マネジメントの指導
  • プロジェクトマネジメント支援(アジャイル)
  • 経営スピードを数倍に上げる組織開発
  • 古典をベースにした人間性向上の指導
  • 社内改善を推進、リードするキーマンの育成

ServicesWoven Work Design
のサービス

Woven Work Designは、組織文化・風土を最短で構築できる成功プロセスに基づいて
DX(デジタル・トランスフォーメーション)を達成するためのサービスを提供します。

研修プログラム

  • DXに対応したデザインシンキング・リーンスタートアップ・アジャイル開発(Scrum開発)を取り込んだマネジメントプログラム(幹部社員向け、リーダー向け、PM向け)
  • 在宅でも可能な実践型研修プログラム
Woven Basic

Woven Basic

DX時代の組織のあるべき姿やトヨタ流のマネジメントの原理を学び、ワークショップや理解度チェックを行う1日研修プログラムです。もともと6ヶ月の長期プログラムであるWoven Practitionerに含まれる内容を切り出したもので、Woven Practitionerをご検討頂くためのお試しコースとしてもおすすめです。

Woven Practitioner

Woven Practitioner

Woven Work Designのコンセプトに基づきDXに耐えうる組織を開発できる能力を備えた人材(DX向けPMO人材)を育成するコースです。
DXに必要なデザインシンキング、リーンスタートアップ、アジャイル開発などの知識に加え、大部屋によるマトリックス組織の基となる横糸の活動をミドルマネージャーが行うことで強靭で経営的成果に結びつくマネジメントを学ぶことができます。

Woven Master

Woven Master

DXを推進するには社内に専門の組織を設けることが推奨されますが、本コースはその担当者を育成するためのコースです。

  • DX向け組織の診断サービス

    DX向け組織の診断サービス

    経済産業省が提唱している専門家としての精密検査の位置づけになります。
    経済産業省やIPAが実施している無料の診断は、経済産業省自身が医療で例えるなら「問診や血液検査」と位置づけています。

    • 組織がDXを取り組むための理想的な組織と比較して相対的にどのレベルにあるのかがわかる
    • DXに対応した組織の課題がわかる
    • チーム、幹部社員、経営レベルでDXを進める上で改善しなければならない弱点が見える
    • 課題、問題点を克服するための方法を提示してくれる。
  • DX向けPMO支援サービス

    DX向けPMO支援サービス

    PMOを支援するためのコンサルタントを派遣します。 ウォーターフォールで開発した経験しかないPM(Project Manager)を支援しチームをDXに導きます。
    最初は頻繁にご支援しますが、チームの自律化を促しますので徐々に回数を減らしていきます。

  • 電子ツールサービス

    電子ツールサービス

    Visual Boardの電子化 ※開発中(特許申請中)
    目的志向であるべき姿を考えたり、目標やKPI、KAI(Key Action Indicator)などの設定にAIを活用しマネジメントを学ぶトレーニングを同時に行うことができます。組織体質の改善、マネジメント力の改善を支援します。

    バーチャル先生 ※開発中(特許申請中)

    • Webでリアルタイムに質問できる
    • 答えを教えるのではなく考えさせる
    • 最適な事例を紹介

    あるべき姿(目的)や目標、KPI、KAIなどを考える際や運用時に、AIを搭載したChatbotが正しく考えることができるように誘導します。

Voiceお客さまの声

Woven Work Designは他のマネジメント手法と比べて効果があると感じましたか?
yes 92%
  • 共通の価値観と原理原則が本当に浸透できる手法と感じた。
  • 個ではなく、チームとして最大のパフォーマンスが出来る手法だと思った
  • 大部屋化により、トップから社員の価値観の共通化が可能であると思った
  • 自律的な組織にしていくために有効なプロセスだと思った
  • 管理からの脱却、部下やチームメンバーに成果が出せるように支援するというマネジメント本来の意味を実践することが大切だと思った
「経営の大部屋化(経営スピードアップと次世代経営者育成)」は自社への導入の必要性を感じられましたか?
yes 97%
  • 経営層を巻き込まないと前に進まないと日々感じていたので、この考え方を導入できれば一石二鳥だと思う
  • 会社の風土形成は重要で、それにWoven Work Designを活用できることが理解できた
  • やる気がない70%をやる気のある人に変える手段がWoven Work Designである
  • 本社からの指示(上意下達)に慣れた幹部に自律性を育むために有効ではないかと感じた
  • 風土の変更(ポジティブな社員を増やす)は、会社活性化のポイント。Woven Work Designはそこに向かうことが出来るのではないかと思った

ReasonsWoven Work Design
が選ばれる理由

  • 意識や習慣が変わる
  • 成果がでる方法論
    (しくみづくり)
  • 組織横断的に動きやすい風土づくり
  • 持続的に成長しつづける組織
  • 短期間での劇的変化
  • 高いコストパフォーマンス

Woven & WorkWoven Work Design
の「染める」「織る」

Wovenとは、糸で編まれた織物のことです。組織開発する上で短期間に組織を活性化しながら強靭でしなやかな組織にするための新たな考え方として、Woven Work Designというコンセプトを理論体系化しました。
Woven Work Designの原理は、マトリックス化されている組織が織物(Woven)に非常に酷似していることからWoven Work Design(織物のように縦糸のような縦方向と横糸のような横方向に人が働く様子)をデザインしました。
組織の活性化を阻害している根本原因を検出し、今後、DXの社会に向けた組織マネジメントを社員自らの手で形にします。

織物の製造工程

編み物では「染める」をしてから「織る」をすべき。
この「染める」「織る」を段階的に進めるのがWoven Work Designです。

設備生産性 材料生産性 労働生産性

めるWoven

習慣・意識・価値観・行動原理等を
標準化する (意識を変える) 

Work

「染める」で変わった意識に沿った
制度等を整備する

お気軽にお問い合わせください