Woven Work Designとは

  • TOP
  • Woven Work Designとは

Training ProgramWoven Work Design
の研修プログラム

  • DXに対応したデザインシンキング・リーンスタートアップ・アジャイル開発(Scrum開発)を取り込んだマネジメントプログラム(幹部社員向け、リーダー向け、PM向け)
  • 在宅でも可能な実践型研修プログラム
Woven Basic

Woven Basic

DX時代の組織のあるべき姿やトヨタ流のマネジメントの原理を学び、ワークショップや理解度チェックを行う1日研修プログラムです。もともと6ヶ月の長期プログラムであるWoven Practitionerに含まれる内容を切り出したもので、Woven Practitionerをご検討頂くためのお試しコースとしてもおすすめです。

Woven Practitioner

Woven Practitioner

Woven Work Designのコンセプトに基づきDXに耐えうる組織を開発できる能力を備えた人材(DX向けPMO人材)を育成するコースです。
DXに必要なデザインシンキング、リーンスタートアップ、アジャイル開発などの知識に加え、大部屋によるマトリックス組織の基となる横糸の活動をミドルマネージャーが行うことで強靭で経営的成果に結びつくマネジメントを学ぶことができます。

Woven Master

Woven Master

DXを推進するには社内に専門の組織を設けることが推奨されますが、本コースはその担当者を育成するためのコースです。

DX向け組織の診断サービス

DX向け組織の診断サービス

経済産業省が提唱している専門家としての精密検査の位置づけになります。
経済産業省やIPAが実施している無料の診断は、経済産業省自身が医療で例えるなら「問診や血液検査」と位置づけています。

  • 組織がDXを取り組むための理想的な組織と比較して相対的にどのレベルにあるのかがわかる
  • DXに対応した組織の課題がわかる
  • チーム、幹部社員、経営レベルでDXを進める上で改善しなければならない弱点が見える
  • 課題、問題点を克服するための方法を提示してくれる。
DX向けPMO支援サービス

DX向けPMO支援サービス

PMOを支援するためのコンサルタントを派遣します。 ウォーターフォールで開発した経験しかないPM(Project Manager)を支援しチームをDXに導きます。
最初は頻繁にご支援しますが、チームの自律化を促しますので徐々に回数を減らしていきます。

電子ツールサービス

電子ツールサービス

Visual Boardの電子化  ※開発中(特許申請中)
目的志向であるべき姿を考えたり、目標やKPI、KAI(Key Action Indicator)などの設定にAIを活用しマネジメントを学ぶトレーニングを同時に行うことができます。組織体質の改善、マネジメント力の改善を支援します。

バーチャル先生  ※開発中(特許申請中)

  • Webでリアルタイムに質問できる
  • 答えを教えるのではなく考えさせる
  • 最適な事例を紹介

あるべき姿(目的)や目標、KPI、KAIなどを考える際や運用時に、AIを搭載したChatbotが正しく考えることができるように誘導します。

ConceptWoven Work Design
のマネジメントコンセプト

Woven Work Designは…

ホワイトカラーと呼ばれている業種・業態(ソフトウェア設計・開発・運用、製造設計・開発、営業、人事・総務、サービス、コールセンター、幹部社員、経営層)に対してデザインされています

製造現場において、トヨタ生産方式(TPS)やLeanなどを取り入れておられる会社様にとっては非常に整合性が合うようにデザインされています。

ベンチャー企業様においても組織が急拡大するときにおいて発生する摩擦(共通の価値観の欠如、人間性の問題)などにも深く切り込み組織の人間力の向上に貢献し高い生産性を生み出します。

二宮尊徳の報徳仕法がトヨタ家のルーツと言われていますが、渋沢栄一の「論語と算盤」などから人間力とは何かを学びます。

Woven コンセプトで採用している見える化の手法は、米国、欧州でも広く使われはじめており、ソフトウェアの世界では、アジャイル開発(Scrum)やイノベーションのためのリーンスタートアップなどでも一般的になりつつあります。

Wovenは、今までの管理中心のマネジメントスタイルとは異なる新たなマネジメントを提案します。この新たなマネジメント・コンセプトは、働く人々を活性化させ、仕事をやりがいのあるものに変え、組織を縦方向に縛られない自由度の高い組織体質に変えます。ISOを導入しても活性化していない企業様にはISOとの違いを感じて頂いています。
従業員が50人の会社から、500人、5,000人の規模であってもすべての従業員を組織のビジョンに沿った目的、目標を達成するために従業員を縦の動き、横の動きを最大化させることができます。

次のような結果が期待できます
(6ヶ月)

  • 労働生産性(10%以上)
  • 高いES(従業員満足度)向上
  • 付加価値の向上(顧客満足度5%以上向上)
 

ReasonsWoven Work Design
が選ばれる理由

  1. 選ばれる理由01

    意識や習慣が変わる

    Woven Work Designは、
    目に見えて成果がわかる

    マネジメントの標準化は…
    知っただけで実現できるものではない
    習慣化は即時にできるものではない
    Woven Work Designなら…
    • 研修を通して一人ひとりが実践(経験)を繰り返す
    • マネジメントの方法が身につき、実践の習慣化を実現
    • 他社の一般的研修では、「チームで対策」がない
    • 知識教育で流されることなく得たことを実践できたか評価できる
    • 実践してみて初めてチームの問題がみえてくる(土台となる人間力の部分)

    Woven Work Designでは、
    知識と現実が一致
    この実践を繰り返すことで
    本当の理解ができ、習慣となる

  2. 選ばれる理由02

    成果がでる方法論
    (しくみづくり)

    一般的なマネジメント系コンサル
    会社やプロジェクトの問題を棚卸しし、問題に対する対策を考え対策を計画しフォローアップする
    なぜこのような問題。課題が発生しているのかの根本原因(人間力と共通の価値観、原理原則)に着目していない。
    Woven Work Designのコンサル
    • マネジメントの共通の価値観と原理原則
    • しくみづくりを教える
    • 常にアイディアをしくみに活かす

    Woven Work Designでは、
    マネジメントの原理原則を
    教えるため、様々な問題や
    プロジェクトに応用できる

  3. 選ばれる理由03

    組織横断的に動きやすい
    風土づくり

    Stage2では、Woven Practitioner Programではミドル層が、部署間(チーム間)のマネジメント標準化をし、部署間(チーム間)の壁となる制度を改善する。

    • 組織横通しで組織共通の問題や課題を解決できる組織づくりができる。
  4. 選ばれる理由04

    持続的に
    成長し続ける組織

    Woven Work Designの
    研修で得られるもの

    • 他社の研修にはないマネジメントに必要な要素・DXの実践に必要な要素
      単なる問題提起だけでなく、マネジメントの仕方そのもの

    マネジメント系他社の研修との比較

    マネジメントに必要な要素 Woven Work Design 心理学系の
    マネジメントプログラム
    QC的なマネジメント
    プログラム
    共通の価値観
    原理原則の共有
    職場活性化(ES含む)
    日本的思想・哲学
    労働生産性
    Q,C,D
    マネジメント標準
    経営的成果(売上、利益)
    コスト意識
    人材育成
    イノベーション力

    △:職場での実践はなく教室でのWork Shopが中心

    DX系他社の研修との比較

    DXの実践に必要な要素 Woven Work Design デザイン・シンキング リーン
    スタートアップ
    Scrumマスター
    新規ビジネス企画
    期待値を超えるアイデアの抽出
    チームビルディング
    安く早い価値の作り込み(MVP)
    お客様からの評価とフィードバック
    早いサイクルでのマネジメント
    Scrumのプラクティス
    ステークホルダーとの調整力
    早い意思決定のしくみ
    組織横断的な課題解決

    △:職場での実践はなく教室でのWork Shopが中心

    Woven Work Designなら、
    社会環境(DXなど)に合わせて
    自律的に問題解決ができ、
    成長し続ける組織の体制が整う

  5. 選ばれる理由05

    短期間での劇的変化

  6. 選ばれる理由06

    高いコスト
    パフォーマンス

    Woven Work Designは、
    一般的な人材育成費用と比べて
    コスパがいい

    一般的な人材育成費用は…
    毎年いろいろな研修内容で高い費用がかさむうえに研修で得た知識が行動に反映されず、研修前後で変化が見られない。

    参照:WWDが選ばれる理由(1)

    Woven Work Designなら…
    Woven Work Designが提供するサービスは6ヶ月で変化がみられる。
    様々な内容がまとまっている。
    • 高いコストパフォーマンス

お気軽にお問い合わせください