DXとは

DX(Digital Transformation)の定義

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化、風土を変革し競争上の優位性を確立すること。
(経済産業省「DX推進指標」とそのガイダンスより抜粋)

日本でDXが進まない要因

経営陣のITリテラシーの欠如等を原因としたレガシーシステムの存在が一般的に挙げられている。

レガシーシステムの原因

  • 高いコストがかかる、システム投資が費用対効果が見えにくい:環境変化に即座に対応したシステムにならない
  • システム開発委託により自社ではITノウハウがない:システム肥大化・複雑化

日本における一般的に言われる解決策

レガシーシステムの解決策の第1ステップとして言われているのがRPA。

しかし…

  • RPAは付加価値時間の時間を増やすことはできるが、労働生産性向上にはならない
    真の意味での労働生産性(時間あたりのアウトプット)に注力し既存の付加価値業務とRPAで捻出された付加価値業務の両方の労働生産性を同時に向上させます。

根本的解決

レガシーシステムに対しする根本的解決としてあげられるのは、GAFAを代表とする世界的ベンチャー企業が取り入れているのはDXを加速させるマネジメントである。

  • デザインシンキング
  • リーンスタートアップ
  • アジャイル開発(Scrum等)
  • DevOps
  • ゴールドラットのTOC(制約条件の理論)
源流はトヨタ流のマネジメントにあるってご存知ですか?

根本的解決策の詳細

DXの考え方

DXに成功した企業の事例から学び単に同じ技術やツールを導入する企業が多いですが、しかし、新しいシステム開発などの技術やツールを導入によって成功するためには前提条件があることをご存知でしょうか。

メソッドやツールはあくまで手段であってそれ自体を活用することが目的化されてはならない

メソッド・ツール導入の前提条件とは

  • 新しいメソッドやツールを導入する理由:材料生産性・設備生産性を高めるだけ
  • しかし、“どのメソッド・ツールを取り入れるべきか”“ツールを取り入れずとも生産性を高める違う改善方法がないか”など、材料生産性・設備生産性を高める方法を正しく判断できる人材・組織がなければムダをうんでしまいます。
つまり、メソッドやツールの導入の前提条件にしないとならないのは労働生産性の向上
Woven Work Designは、この労働生産性を改善します

DX (デジタルトランスフォメーション)
の時代に必須
マネジメントの
グローバルスタンダード

Woven Work Design

お気軽にお問い合わせください