DIFFERENCES

他社との違い

各社の研修やコンサルティングの内容をベンチマークし分析した結果、Woven Work Designと各社の違いを以下に示します。

①最も実践的なプログラムである
②心理的操作ではなく人間性を高めている
③経営的成果に直結している
④マネジメントにおける共通の価値観と原理原則が浸透する

WWDの位置付け

WWDは、DXに対してマネジメント力の向上からアプローチし、必要であればテクノロジーにシフトするという流れになっています。会社様によっては、既存ビジネスをより拡大するためにテクノロジー以外の方法を模索されている場合もあるので、WWDならそれに対応し、より組織全体の企業文化を考え持続可能な組織作りから入って行くことが可能です。

WWDの位置付け

組織論やDX関連サービスを提供している3社とWWDを比較

以下の表は、研修ベンダー・コンサルティングファーム・ソリューションベンダー、3社とWWDを比較したものです。WWDは3社の利点を体系的に組み立てており、オールインワンでサービスを提供させていただくことが可能です。

WWDと、組織論やDX関連サービスを提供している3社を比較

WWDの研修プログラムの違い

研修会社の多くは、人の量を捌くことを狙っています。手離れが良く回転率が上がるようなプログラムを組んでいます。しかし、顧客の視点で見るとどうでしょうか?研修に高いお金を払っているにも関わらず組織が何も変わらないと言う状況になっていないでしょうか?Woven Work Designのプログラムは全て実践であるため変化も早く、JQA(日本経営品質賞)の運営をされている方からも変化の速さに称賛の声を頂いています。

WWDの研修プログラムの違い

他社の方法論との違い

WWDはノウハウ・技法的な知識ではなく、帝王学に近いものです。リーダーが持つべき思想や哲学、原理までを学ぶことができます。渋沢栄一の「論語と算盤」を紐解いてみたり、脳科学からマネジメントを考察するなど、一般的にはなく大学でも学べない内容を盛り込んでおります。社会人としてはもちろんのこと、人生を送る上でも役立つものとなっています。

他の方法論との違い

組織を再構築する
カルチャー・トランスフォーメーション
Woven Work Design

有力企業30社が導入し10%以上の生産性向上を持続的に生み出したソリューション

03-6451-1185
月〜金 9:00~17:00